年金滞納者、9割が免除対象 そもそも免除を申請っていうのがふざけてるよね

国民年金の保険料を滞納している人のうち9割以上が、所得が低いため申請すれば支払いの一部もしくは全額を免除される可能性が高いことが分かった。6日の参院厚生労働委員会で、日本維新の会の東徹氏の質問に塩崎恭久厚労相らが明らかにした。

厚労省は低迷する納付率を上げるため滞納者への強制徴収を進めているが、低所得者に対する強制徴収は「現実的に困難」(塩崎氏)という。

国民年金保険料を2年間以上滞納している人は2015年度末で約206万人に上る。厚労省は年間所得が350万円以上の滞納者を強制徴収の対象としているが、来年度以降は300万円以上に拡大する。

この数字からいえば

私も低所得者です。多分。

自営からすると所得で300って結構な数字ですよ。

そこそこ稼いではいるのですが波があるので

年金なんて払えません!

なので免除申請して免除してもらっていたのですが

昨年そこそこ稼いでいたので急に免除されなくなったんですよね。

数字的には免除されてもおかしくないのにそうなったので

納得いかなかったんですが。。

そしたらちょうど先日年金事務所の人が来て

「今年の免除申請なさってないですよね?」と

いや、だって去年免除してくれなかったし

今年免除無理じゃん。

てか自動的に再申請されるんじゃなかったのかよ。

そう、そもそも申請っていうのが卑怯でふざけてますよね。

この免除の申請が出来ること自体周知されていませんし、

その申請を行っていなければ

免除対象であっても知らずに払わされている可能性があるわけですよね。

免除対象か否かなんていうのは

向こうが勝手に所得を調べたりして審査できるので

わざわざこちらが申請しなくても本来はシステム的に出来るはずです。

それなのにわざわざ

「申請」っていうプロセスをやらせているのは

申請された分以外は100%でとってやろうという魂胆かと思ってしまいます。

もう年金制度なんてやめて新しい形の制度考えましょうよ。。

スポンサードリンク

シェアする

フォローする